月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らでぃっしゅぼーやに見るMBO企業に対する投資

 らでぃっしゅぼーや(3146)社は有機野菜宅配事業を営んでおり、リーマンブラザーズショック醒め止まぬ昨年2008年12月にジャスダック上場を果たしています。
 やもすれば、上場中止の決断も検討される状況でしたが、当社にはどうしても上場したい事情があったようです。

 会社の事業内容、今後の事業展開などは、IR・株式情報サイトブリッジサロンにおいて、ブリッジレポートに、詳しくまとられています。
 日本の農業の現状を憂い、環境保全型で持続可能(サスティナブル)な社会の実現するというらでぃっしゅぼーや社の経営理念には、大変共感が持てるものです。

 しかし、まだら模様の投資生活サイトがらでぃっしゅぼーや社に着目したのは、その事業内容の美しさのみではありません。
 企業へ株式投資を行うに当って、一つの重要な視点が隠されているからです。

 実は、らでぃっしゅぼーや社は市民団体として産声を上げた後に、様々な資本構成の変遷過程を経た後、平成18年3月に青汁で有名なキューサイ社からMBOにより独立して現在に至っています。

 ここ数年、マネージメントバイアウト(経営者による買収)により、株式非公開化に踏み切った企業は多数存在しますが、その後に再上場を果たした企業の数は多くはありません。そもそも、MBOが経営権の独占を目的とすることが多い以上、再上場が少ないのも尤もといえるでしょう。
 しかし、らでぃっしゅぼーや社の上場は、経営権を握った経営陣下における、主に資金調達を目的とした、株式市場が本来期待される役割に忠実な上場といえるのです。

 らでっしゅぼーや社の財務諸表には、MBOによる資本構成変更の残滓が色濃く反映し、また、当面の間、経営における制約も通常の企業より大きいことが伺われます。
 そこで、らでぃっしゅぼーや社の事業、利益にどのように影響を与えているのか考察し、MBO企業に対する株式投資について検討することにします。
[らでぃっしゅぼーやに見るMBO企業に対する投資]の続きを読む
スポンサーサイト

国策支援か淘汰か、JALへの裁きの行方は?

 これまで、日本のナショナルフラッグを背負ってきた日本航空(9205)。

 その、際立つほどの高コストな経営体質と経営者、従業員も含めた鈍重な変革姿勢は、昨年来の急激な輸送需要減少に直面下では耐えられなくなっているようだ。

 先月9月からは、金融機関に対して、既存の借入債権放棄プラス新規資金供給(借入金もしくは優先株発行)の要請がニュースになり、前原国土交通大臣が緊急記者会見にて信用不安を打ち消す発言を行うなど、資金需要の逼迫感がひしひしと伝わってくる。

 日本航空の株価にも経営懸念を如実に反映し、9月15日以降の約1ヶ月間で株価は170円台から100円台まで急落し、経営破たん(民事再生法もしくは産業再生法)の可能性を相当織り込みに入っているようだ。
日本航空(9205)3ヶ月チャート
 現時点のJAL再生タスクフォースの取組みでは、債権者(金融機関)、従業員(元従業員)への影響を斟酌した上での経営破たん回避が日本政府の意志のようですが、株主にはどのような影響が考えられるのでしょうか?
[国策支援か淘汰か、JALへの裁きの行方は?]の続きを読む

ひふみ投信の運用は様子見中?

 2009年9月からファンドマネージャーが藤野英人氏に交代したひふみ投信ですが、9月の基準価額騰落率は、軟調に転じた株式市場の中で、50%近い現金比率の高さが幸いしたのか、2009年9月も前月同一水準が維持し、TOPIX水準からの乖離は一層進みました。
 本当に良い状況が続いています。

ひふみ投信&TOPIX200909

 上昇相場でも、下降相場でも価格変動率は、TOPIXよりもはるかに小さく、特に下落相場に付き合わない実績が残せていますので、「守りながらふやす」ひふみ投信のキャッチフレーズの面目躍如といったところでしょう。

 さて、肝腎のファンドマネージャー交代後のひふみ投信の運用内容を確認することにします。
 
[ひふみ投信の運用は様子見中?]の続きを読む

まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2009年9月)

 2009年も早くも3/4を経過してしまいました。民主党の鳩山総理の演説は、少なくともハレの場の態度として、今までの日本に無いものであり、比較的好評に終わったようです。今後、たくさんの約束事を如何にこなしていくのが課題といえるでしょう。

 話は投資に戻りますが、最近、あまはらが個人的に考える投資のスタイルと実際の投資内容とが近づいているとの想いが強くなっているのです。
 その為か、ネット証券会社等が提供する新たな金融商品などの各種投資情報を探し回り、新たな商品へ投資を試みることが少なくなっています。

 以前に、開設したものの未使用であったカブドットコム証券などの証券口座を閉鎖したことを書きましたが、今後はさらに現時点で残高のある口座を含めた見直しを行う方向です。口座の開設、および維持、それ自体は無料ですが、たくさん口座を持つことは、実はとても疲れている自分に気づいてしまいました。

 さて、月次でお伝えしているまだら模様の投資生活サイト管理人のポートフォリオですが、8月末からは残高も、投資銘柄の投資比率も、前月末からほとんど変化していません。

 しかし、TOPIXの月間騰落率マイナス5.7%は大きくオーバーパフォームしています。下落局面での下落率が少ない現状のポートフォリオが投資に対する落ち着きを醸成しているかも知れません。あまはらにとっては、今は居心地のいいポジションなのです。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ200909
[まだら模様の投資生活ポートフォリオ(2009年9月)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。