月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHOEI サプライズ無しの中間決算

 SHOEI(7839)が4月30日に平成21年9月期中間決算を発表した。期初時点で既に大幅な減収減益の業績予測を公表していた同社ですが、売上の中心である欧州で大幅な景気減退に直面する一方、円安時の為替予約に伴う為替差益(約2億5千万円)が奏功して、経常利益段階では当初の連結業績予想比96%と落ち込みは限定的となったようだ。

SHOEI2009年3月中間期決算概要
項目期初会社予想2009年9月期2Q達成率
売上高(百万円)6,2005,83494%
営業利益(百万円)1,03089586%
経常利益(百万円)1,2301,18196%

 
 上期売上高は60億円に届かなかったため、通期業績予測の売上高127億円達成は困難になったといわざるを得ません。決算短信には、「現時点においては売上高、各利益ともかなり下振れする可能性が高いと思われますが、」と既に今後の下方修正発生を仄めかす文言が記されていることから会社側も十分に認識しているようですが、新製品の前倒し投入による売上動向に大きく期待しているようです。
 
 新製品の動向は現段階ではシークレットであるため、とりあえず既存の計数推移分析からSHOEIの通期業績を予測してみました。ここでは、既に公表されている会社発表の通期業績予測を利用することにします。
[SHOEI サプライズ無しの中間決算]の続きを読む
スポンサーサイト

保険代理店の収益構造と財務諸表

 アドバンスクリエイト(8798)は、インターネット媒体「保険市場」、および繁華街・ショッピングセンターなどの実店舗、および通信販売などを媒体として、生命保険・損害保険の保険代理店業務を営んでいる。

 アドバンスクリエイト社は、予てより公表する財務会計ルールに基づいて算出した会計利益が、当社の企業価値ならびに事業成果を適正に表現できていないとして、法定基準とは異なる基準による計数を業績説明資料等で発表している。
 さらに近年は公表するプレゼントバリュー(PV)に外部機関による客観性を付与する努力を行うなど、当社が認識する企業価値と、財務会計上の会計計数の乖離を埋めるのに懸命に取り組んでいるようだ。

プレゼントバリュー(PV)とは、「当該期末に有効に存続する契約より期末以降将来に発生する保険手数料の収入見込額の未実現分の現在価値を表します。」とのことですが、少々わかりにくいですね。

この会計的な難しい表現をもう少し簡単にしてみました・・
[保険代理店の収益構造と財務諸表]の続きを読む

WAONポイントキャンペーンでWAONチャージを行いました

 さて、イオングループで去る4月1日~4月10日の間に行われた定額給付金のWAONポイントプレゼントキャンペーンですが、昨日4月18日~5月31日がポイント交換期間に指定されていましたので、あまはらもこの週末に早速WAONに交換して、資産保全を図りました。
 念のために、イオン店舗等に設置されているWAONステーションでWAON交換する方法を記載しておきます。
 WAONポイント交換
 WAONポイントダウンロード(1.)を行っただけでは、WAONポイントの状態に過ぎませんので、有効期限(最大2年間)が存在します。今回のWAONポイント付与は1200ポイントとWAONへの交換単位である100POINTを超えていますので、直ちにWAONへ交換(2.)まで行うことをお薦めします。
 その理由は、電子マネーであるWAONは前払式証票の規制等に関する法律等の規制により、未使用残高の1/2を供託する必要があり、一定の保全が確保されるのに対し、WAONポイントはイオンという1企業が管理する企業内マネーに過ぎないからです。すなわち、ポイントの場合、運営企業の破たんにより価値が消滅する恐れがあります。
 従って、リスクを容易に下げることが可能であるならば、直ぐに下げておくのが資産保全の観点から望ましいといえます。

 インターネット内にはネットショッピングサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)、サービス利用などで無料でポイントを付与する各種ポイントサイト(ちょびリッチ。ECナビ。ライフマイル)など多数ありますが、付与されたポイントは、なるべく早期に、より安全な形態(ポイント利用 → 換金 → WebMoneyなどの著名ポイント)に変換することを心掛けるようにしたいものですね。
 もちろん、取引コスト最小化の観点から変換に要するコストと比較考量しておくことは必要でしょう。

電子マネーがわかる (日経文庫)
岡田 仁志
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 68985
おすすめ度の平均: 4.5
3 広く浅く
4 モバイルSuicaが社会を変えるとき
5 電子マネーについて考えた最初の本
5 電子マネーが成功したわけが分かる本
5 電子マネーを理解する入門書としてオススメ

まだら模様の投資生活サイト投資銘柄の決算直前コメント

 今週ぐらいから、2009年3月度決算発表が本格化してきますが、当サイト保有銘柄の個人的な見通しを立てておきます。なお、既に大幅に売りこまれた状態で発表を迎えますので、決算の焦点は今後どうなるかに尽きるでしょう。

まだら模様の投資生活サイト主力投資銘柄見通し
順位銘柄決算月決算注目点、一言コメント
1.プロトコーポレーション(4298)3月売上は、自動車関連情報の安定した法人需要に支えられるが、前期のような業務コスト削減テーマがなく利益率に大きな異動はない見込み
2.SHOEI(7839)9月通期売上予測127億円には、上期売上60億円台必須だが達成困難か。一時のユーロ安が納まり、原材料も安くなったことで利益率下落は緩和される見込
3.マックスバリュ西日本(8287)2月今期も新店展開により増収見通しだが、減価償却費を中心とした販管費水準の上昇が懸念。トップバリュ人気がいつまで続くか
4.自社株ノーコメント・・。新規投資は行っていません。
5.共立メンテナンス(9616)3月注目はリゾートホテル事業の損益に集まる。今シーズンの稼働状況に要注目。物件の自社保有増加により借入金増大が懸念事項。J-REITへの売却機会の神風は吹くか
6.ユー・エス・エス(4732)3月業績は中古車流通市場環境に左右されるが、法人顧客向けサービス提供の強みで大幅な落ち込みは想定し難い。景気低迷が長期戦になった場合、かえって同業他社より有利か
7.日本ERI(2419)5月今期から決算期3月→5月に変更銘柄。今秋の住宅瑕疵担保履行法により、新たな市場が提供され順調に成長するか
8.エイジス(4659)3月事業サイクルとしては、安定成長段階を直走る。株主への利益還元姿勢や海外展開方針などに疑問符もあり、将来成長は注視要
[まだら模様の投資生活サイト投資銘柄の決算直前コメント]の続きを読む

さわかみファンドが運用体制強化を発表しました

 さわかみファンドが『さわかみファンド』運用体制強化のお知らせと題したリリースを4月15日に発表している。
 内容としては、現ファンド運用担当者を増員し、ポートフォリオ構築と投資対象銘柄の選定等の上流領域を、現ファンド運用担当者の澤上龍氏に専念させるとのようです。
 
 まず、一体何の目的で運用体制強化をホームページトップにて情宣したのか疑問符を付けざるを得ません。果たして、ファンド顧客および一般投資家に宣誓するほどに意味のある情報なのでしょうか?

 運用体制強化とのリリース文題名への記載は、従前の運用体制が不十分であったことを認めたと解することができます。

 その結果として、約半年さわかみファンド内で運用経験を積み重ねた人材をファンド運用に登用であるならば、今までの運用結果の責任への対処も言及すべきです。過去の振り返りがないことはこれまでの行為を失敗と捉えていない事の証左であり、一ファンド顧客としてはさわかみ投信株式会社の「春の人事異動発表」としか、受け取れません。
 
 新運用体制化での驚愕の結果を期待したいところですが、個人的にはさわかみファンド投資ポジションの縮小と両睨みで臨みたいところです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

人気ブログランキング小(青)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。