月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだら模様の投資生活ポートフォリオ2008年5月末

 2008年5月は、株式市場が好調に推移したこと、および個別株式投資銘柄の株価上昇が相次いだことから、まだら模様の投資生活サイト管理人の運用ポートフォリオは前月4月末比プラス4.2%と実に4ヶ月連続上昇を続けることができました。
まだら模様の投資生活ポートフォリオ200805

 上記ポートフォリオを見て、おやっと思われた方も居られるかもしれませんが、前月のポートフォリオから相当変更しています。
[まだら模様の投資生活ポートフォリオ2008年5月末]の続きを読む
スポンサーサイト

楽天株式ファンドがいよいよ運用開始!!

 さて、長期投資ファンドの新たな1本として、楽天投信が運用する楽天株式ファンドが2008年5月30日に設定されます。運用開始初日の設定残高はどの程度になるのか、長期投資ファンドを販売、運用する他の直販投信会社の経緯と比較してみます。
長期投資ファンドの設定初日純資産残高比較
長期投資ファンド運用開始日純資産残高
さわかみファンド1999年8月24日16億28百万円
ありがとうファンド2004年9月1日1億62百万円
セゾン資産形成の達人ファンド2007年3月15日2億54百万円
浪花おふくろファンド2008年4月 8日70百万円
かいたくファンド2008年4月22日72百万円
らくちんファンド2008年4月24日92百万円
楽天株式ファンド2008年5月30日近日判明→1億22百万円5/30追記

 今年に入ってから設定された浪花おふくろファンド、かいたくファンド、らくちんファンドはいずれも1億円未満からスタートしていますが、楽天株式ファンドのスタート地点はどのようになるでしょうか?
[楽天株式ファンドがいよいよ運用開始!!]の続きを読む

バリュー投資の強化書【書籍】

 「素晴らしい企業をまずまずの価格で買うほうが、まずまずの企業を素晴らしい価格で買うよりもはるかに望ましい」とは彼のバフェット氏の言ですが、この本は良いビジネスを安く買いそして高く売ると、一旦取得すれば売却を想定しないバフェット氏が語ることのない領域にも広げています。
バリュー投資の強化書~良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法~ (Modern Alchemists Series No. 61)バリュー投資の強化書~良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法~ (Modern Alchemists Series No. 61)
(2008/05/16)
角山 智

商品詳細を見る

 著者の「みんな売上と利益しか見ていない」との強い思いが、決算書を元にした定量分析、価格バリューエーションの評価、良いビジネスを見つけるための定性分析、そして経済の潮の流れや市場心理を読むことなど、決算短信の表紙上段に記載される「売上」、「利益」以外の様々な切り口から、事業投資としての適切性を判断すべきとのメッセージが発信されています。
[バリュー投資の強化書【書籍】]の続きを読む

日経マネー2008年7月号に掲載されました

 日経マネー2008年7月号の特集「直販、低コスト、長期運用がキーワード いよいよ幕開け!投資信託、新時代」として、独立系直販投信ファンドが大きく紹介されています。この中で、「直販」ページ冒頭で当ブログをご紹介いただきました。
 さわかみファンドの直近の運用成績はこれまでも紹介してきました通り、日本株インデックスであるTOPIXとほぼ同一水準に留まっていますが、さわかみファンドへは単独ファンドとして、あるいはファンドオブファンズ投資信託を経由した投資として、積立投資を継続する予定です。
 しかし、さわかみファンドに投資するブロガーには、このような方も居られたようです。
[日経マネー2008年7月号に掲載されました]の続きを読む

SHOEIの平成20年9月期中間決算分析

 プレミアムヘルメット製造・販売業のSHOEI(7839)の平成20年9月期中間決算が去る5月13日に発表され、順調な業績進捗状況が確認できています。
 中間期末段階で過去最高となる営業利益20億円を超え、会社発表の期末業績予想(29億5千万)に対して68%まで進捗しており、通期業績上方修正の可能性は極めて高いといっていいでしょう。
 会社側からも社長のごあいさつの中で「公表済みの通期業績見通しの達成に問題ないものと考えておりますが」とあり、今後の為替レートの急激な変動(ドル安、ユーロ安)がない限り、公表済み業績予測達成に関しては楽観的に見ております。
 投資家の興味は現実的な通期業績見通しであり、連結配当性向50%を目処とする期末配当が1株58円よりもどの程度上積みされるかではないでしょうか?
[SHOEIの平成20年9月期中間決算分析]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。