月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資戦略の発想法2008

 フィナンシャルジャパン誌(Financial Japan)を編集する木村剛氏による、投資戦略の発想法が中身も新たに第3版が発売されています。筆者は全ての版を読ませていただいておりますが、初版本投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう(2001年3月発売)、および第2版最新版 投資戦略の発想法(2005年8月発売)発刊以降の投資環境の変化に対応して、投資戦略の発想法にも、幾分か進化しているようです。
投資戦略の発想法 2008 (2008)投資戦略の発想法 2008 (2008)
(2007/12)
木村 剛

商品詳細を見る

変わることのない投資の発想法

 投資の啓蒙書「投資戦略の発想法」の底辺に脈々と流れる思考方法は初版本から全くといっていいほど変化はないようです。個別銘柄への投資判断については、一切書かれていませんが投資の考え方のエッセンスは満載です。
  • 投資を行う前に準備すべきことは?
  • ポートフォリオの中核に何を置くべきか
  • 投資理論としての経済理論の使い方は?
  • 目指すべき運用スタイルは負けない運用
  • 住宅ローンはどう考えるべきか?
  • インフレから如何にして資産を防衛するか?
 それぞれの版のトピックとして取り上げているのはライブドアであったり、ブルドックソースの企業防衛であったりしますが、根底には資本主義社会という名を借りながら、投資の本質が通じない社会主義国家日本への警鐘を鳴らし続けているのです。
[投資戦略の発想法2008]の続きを読む
スポンサーサイト

外貨建資産の投資成績はどのように評価すべき?

 いきなりで恐縮ですが、外貨建資産の資産残高、および投資成績をどの評価すべきか悩んでいます。
 ここ2~3年、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド等の投資信託を通じて外貨建資産の長期保有割合を増加させている中で、投資信託資産、さらには自己保有資産を評価する上で円に換算して評価するのが合理的か?というテーマです。

 例えば、2008年1月の株価大幅下落局面において同時に円高ドル安、円高ユーロ安が進行しました。従って、2008年1月度の月間騰落率(円ベース)には外貨資産自体の価格変動の他に、円貨換算による評価損が混入していることになります。
ドル円・ユーロ円の為替相場(仲値)
通貨ペア2007年12月28日2008年1月31日為替変化率
ドル円114.15円106.40円-6.78%
ユーロ円166.66円157.84円-5.23%

 例として1月末のまだら模様の投資生活サイトポートフォリオで考えると、2008年1月の月間騰落率で-4.3%のマイナスになりました。(エントリー:2008年1月度の資産運用ポートフォリオご参照)
 まだら模様の投資生活ポートフォリオを全て米ドルで評価すると、2008年1月度の騰落率は+1.2%と逆にプラスに転じました。ユーロで評価した場合も+1.0%とプラスになります。これは、ポートフォリオの大部分を占める日本円資産をドル換算した時に評価益が発生したためです。
 ドル建て、ユーロ建て評価の結果を、価格下落を円高で相殺できたと説明できるのでしょうか?
 仮にまだら模様の投資生活ポートフォリオを1本のファンドと見た場合、このファンドの成績は果たしてよかったのか悪かったのか? 飛びぬけて良くはないことだけは間違いないのですが・・
 評価はあくまで中間評価であり、一定時点に一定のスケールへ換算した結果にすぎません。最終的には円貨にする意図があるのならば、円貨換算値で評価し続けるのも合理的ですが、超長期投資としてセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを購入していますが、最終的にどの通貨で利用するのかまでは、現時点では決めておりません。もしかすると、20~30年後には円が通貨として地球上に存在していないかも?、と想像さえしているのです。
<関連記事>
⇒2008年1月度の資産運用ポートフォリオ

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
FC2ブログランキング

人気ブログランキング小(青)

ありがとうファンドにニッポンコムジェスト・ヨーロッパファンドの新規追加発表!

 ファンドオブファンズ形式のありがとうファンドを運用するありがとう投信株式会社から、2007年12月年末に引き続き、2008年2月22日から新規投資対象ファンドを追加することが発表されました。
 今度のファンドはグローバルエマージング、およびヨーロッパ株式と主たる投資対象とすると謳っています。さっそく、新規ファンド概要を以下にまとめてみました。
(ありがとう投信発表資料ありがとう投信に新しい仲間が加わります!もご参照ください)
    新規組入れファンド概要
  • ファンド名:ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA(適格機関投資家限定)
  • 運用会社:日本コムジェスト株式会社(コムジェストグループ)
    (コムジェストグループは1986年にパリで設立され、パリ、香港、ダブリン(アイルランド)、日本に法人を置く総運用資産1兆1千億円の独立系の長期運用投資会社。日本法人は2007年12月に投信ライセンスを取得)
  • 投資対象:主にヨーロッパ諸国の株式で、中長期的に2桁成長(10%以上)が期待できる企業
  • 信託報酬:年1.05%(税込)
  • 運用スタイル:グローバル・エマージング株式で40~45銘柄、ヨーロッパ株式で25~30銘柄の集中ポートフォリオを構築
[ありがとうファンドにニッポンコムジェスト・ヨーロッパファンドの新規追加発表!]の続きを読む

バンガード米国オポチュニティファンド2008年1月号

 バンガード米国オポチュニティファンド(Vanguard U.S. Opportunities Fund)は米バンガード社が運用する株式アクティブファンドであり、セゾン投信が運用するセゾン資産形成の達人ファンドの組入れ対象ファンドに含んでいます。
 2月第3週に入ってから2008年1月度の投資状況がバンガード社からFact Sheetsとして公表されましたので、内容をお伝えすることにします。
 まず、ファンドの運用成績として騰落率を見ますと2008年1月は何とかベンチマークとしているRussel3000(米国企業の時価総額上位3000社で構成されるインデックス(米国市場の時価総額合計の約98%をカバー)と均衡する結果に収斂していました。しかし、ベンチマークからのアンダーパフォームは3ヶ月連続する結果となっています。
バンガード米国オポチュニティファンド直近の月次騰落率推移(ドルベース)
年月米国オポチュニティファンド騰落率Russell3000騰落率
2008年 1月-6.12%-6.06%
2007年12月-1.62%-0.61%
2007年11月-5.93%-4.50%
2007年10月+2.57%+1.83%
2007年 9月+3.79%+3.65%
2007年 8月+2.94%+1.44%
2007年 7月-1.05%-3.41%

 私には2008年1月の約-6%の投資成績は株式市場の混乱状況から受けるイメージよりも若干小さな数値と思えましたが、日本の投資家が通常意識する円ベースに変換すると6円以上も円高が進行したため(2007年12月末112円台→2008年1月末106円台)、10%以上のマイナスとなっており、-10%が心理的な相場感覚に近そうですね。
 さて、個別銘柄の投資状況についても、見ておくことにします。
[バンガード米国オポチュニティファンド2008年1月号]の続きを読む

さわかみファンドの次回売却銘柄を予測する

 株式相場の不調が続き、株式投資信託への資金流入が落ち込む中でさわかみ投信が運用するさわかみファンドは魅力ある銘柄への追加投資を行うために、既投資銘柄の中から銘柄を選別売却による資金調達を1月下旬から積極化しているようです。
 売却規模は2008年1月16日から1月31日までの半月間に39銘柄、2008年2月1日から2月15日までの半月間に30銘柄(内4銘柄は全部売却)に及んでいますが、現状の相場状況、資金供給状況が継続する限りは、今後も保有銘柄の売却は行なわれるでしょう。
 これまでのさわかみファンドによる売却行動の特徴から、この1ヶ月に売却された銘柄については今後も継続して売却される可能性が高いと見ています。
 そこで、売却銘柄(延べ44銘柄)の分類を行い、今後売却される可能性が高い銘柄を推測してみることにしました。
[さわかみファンドの次回売却銘柄を予測する]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。