月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾンバンガードグローバルバランスファンド2度目の試練

 セゾン投信が設定、運用するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界中の株式と先進国債券に半々(50対50)の割合で投資するバランスファンドだ。
 2007年3月の設定以来、毎月の積立投資による長期投資を実践する顧客に支えられて、これまで投資比率の調整は新規資金の振り分け先を調整することで成し得ている。

 3年前のリーマンショック時も、(もう3年も経ったのか・・)一時は投資比率が55%近くまで上昇した債券ファンドの一部売却を行うことなく、株式ファンド全力購入で3ヵ月後の2009年1月末には投資比率を回復した。

 さて、今回はユーロ信用不安という不安定な相場環境が、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを襲っており、2011年8月、9月と2ヶ月連続で定められた投資比率から乖離が生じている。

セゾンバンガードグローバルバランスファンド株式債券比率201110

さあ、債券ファンド売却に踏み切ったのか??
[セゾンバンガードグローバルバランスファンド2度目の試練]の続きを読む
スポンサーサイト

セゾンバンガードGBF地域別投資比率変化の展望

 セゾン投信が運用するセゾンバンガードグローバルバランスファンドは 世界経済の成長を取り込むために、新興国も含む世界全体への分散投資を行うバランスファンドである。

 株式:債券の投資比率が固定(株式50%、債券50%)されたバランスファンドであること、および投資家からの定期的な資金流入環境を構築しているため、株式値上がり時には債券を買い、株式値下がり時には株式を買うという、相対的に値下がりした資産を購入する運用が実現できている、日本では稀有の国際分散投資型バランスファンドといえるだろう。

 さて、世界全体への分散投資というキャッチフレーズからは、世界全体の経済成長の波に乗るイメージを持つが現実には、世界経済が均一かつ一律な成長を遂げるのではなく、世界には経済成長国家、成熟経済結果、衰退経済国家と様々な経済状況を抱えているため、地域ごとあるいは国家ごとに成長イメージは大きく異なる。 
 そこで、長期的な経済成長効果を投資家が享受するには、投資資金の配分に留意する必要がある。

 今回、運用開始後3年半を経過したセゾンバンガードグローバルバランスファンドの地域別配分推移を観察してみる事にする。

セゾンGBF地域別株式投資比率推移201009

北米、欧州、日本への投資比率は漸減。
新興国、オセアニアは漸増

 今回は過去3年間の地域別投資比率の推移を見たが、全体として先進国国家(北米、欧州、そして日本)への投資比率は低下傾向が見られる一方、新興国、オセアニア地域への投資比率は増加傾向にある。
 この新興国国家への投資比率増加傾向は、当面継続すると見て間違いない。というのは、新興国国家の経済成長率が先進国国家よりも高いという理由のほかに、セゾンバンガードグローバルバランスファンドの地域別投資比率は各地域の市場時価総額を勘案して決められているためである。
 今後、新興国においても金融市場が発展していくにつれ、市場時価総額も膨張することになる。今までの3年間より、今後の3年間の方が地域別投資比率の変化(特に新興国)は大きくなるであろう。
 
 投資家として、新興国の経済成長の成果を享受しようと新興国ファンド、あるいは新興国株式に直接投資するのも一つの方策ではあるが、市場規模が小さいため、価格変動リスクが高いという難点がある。
 セゾンバンガードグローバルバランスファンドを用いると、毎月、一定の投資比率を保つ運用が確立されているため、値下がりが発生した場合でも半自動的に追加購入が行えることになる。
 将来的に新興国への投資比率が増加することから、徐々にではあるが新興国への運用シフトも自然体で実現することになるだろう。
 今後も安定した運用スタイルを貫くセゾンバンガードグローバルバランスファンドの積立購入は続けていきます。




セゾンバンガードGBFのコストが下がったようです

 セゾン投信が投資信託運用を開始して丁度3年が経過している。
 果たして3周年記念というべきだろうか、セゾンバンガードグローバルバランスファンドの実質的な信託報酬改定のお知らせが飛び込んできた。

 改定後に実施的に負担する信託報酬率は、年0.74±0.03%
と、改定前(年0.77±0.02%)と比べると、年0.02%~0.04%の低減となった模様だ。
 セゾン投信によるとファンド純資産残高の拡大に伴い、投資対象のバンガードファンドの運用管理費が低減したことを反映したものとのことです。

 数字で見ると、わずかな差ともいえますが、
セゾンバンガードグローバルバランスファンドへの毎月数億円規模に及ぶ定期積立入金の積み重なりも、ファンド運用コスト引き下げへ貢献していることが実感できるニュースですね。

 ファンド残高が積み上がりに伴い、もう一つのバンガードファンドコストともいえる、ファンド買付け時に負担するファンド財産維持手数料の影響も相対的に少なくなっていくため、資産運用コストが低減する流れは、徐々にそして着実に続いていくことでしょう。

 乗換え不要で、末永く続けることができる「インデックス投資」ファンドとして、セゾンバンガードグローバルバランスファンドに今後も、期待したいものです。




セゾン投信の黒字化タイミングを予測する

 直販投信会社の1社「セゾン投信」は、低コストのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドの2本のファンドを2007年3月から運用開始し、今年で3回目の年末を迎えようとしている。

 セゾン投信は、新会社を設立してファンド運用事業を始めているが、前期2009年3月期決算においても約3.6億円の赤字決算状態であり、事業運営を維持するためには、毎年親会社のクレディセゾン等からの資金供給(増資)に頼らざるを得ない状態だ。
  
 果たして、セゾンバンガードグローバルバランスファンド等の運用が永続的に行われ、ファンド顧客に対して「世界分散、長期投資、低コスト」の価値提供が続けられるかという疑問が湧き出てくるが、それには、運用会社のセゾン投信株式会社の黒字化が達成され、独力で事業運営が確保されることが極めて重要だといえよう。

 さらに、設定時に存在しなかったセゾン投信よりもより低コストに国際分散投資を行うためのファンド(イーマクシス、ETF)も発売される中、セゾン投信がいつ黒字化できるのかは注目されるところだ。

 インターネット内で、セゾン投信の黒字化に言及した記事を拾い上げると、ファンド運用開始後5年(当初3年→5年に見直し)、純資産残高600億円にて黒字化達成できるというのが、セゾン投信株式会社社長中野氏の現状認識のようだ。
 
 セゾン投信黒字化の先には、中野社長が兼ねてより言及している信託報酬引下げなどの期待も現実性を帯びてくるため、今回はいつセゾン投信株式会社が黒字化するかを分析することにしたい。
[セゾン投信の黒字化タイミングを予測する]の続きを読む

セゾンバンガードグローバルバランスファンド(2009年8月)

 さて、セゾン投信のセゾンバンガードグローバルバランスファンドの2009年8月の投資運用状況です!!

セゾンバンガード純資産残高推移200908

 今月も、順調に残高を伸ばしていますね!!

 次は、株式と債券の投資比率です!!
[セゾンバンガードグローバルバランスファンド(2009年8月)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。