月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池内タオル「風で織るタオルファンド」第二弾、早々に募集完了!

 昨年、池内タオルが営業者となり、ミュージックセキュリティーズが取扱う匿名組合契約「風で織るタオルファンド」に出資したことを記事に致しましたが、無事完売連絡が届きました。(「風で織るタオルファンド」に出資しました

 コットンヌーボーの初回ファンドとなる「風で織るタオルファンド」の組合員への分配条件は、収益性よりも元本回収に重点を置いた分配条件となっていたため、大きな収益とはいかなかったものの、営業者の事業に対する資金提供という投資家の本来役割を実感できたファンドでありました。

 また、池内タオル、ならびに風で織るタオルファンドについて、先週木曜日(2011年12月8日)のカンブリア宮殿で放送されました。池内タオルの魅力は、テレビ東京のサイトでカンブリア宮殿完全版(未放送部分も含む)が目下公開中ですので、お時間のある方はどうぞ。

 さて、先月11月30日から第二弾「風で織るタオルファンド2012」の募集が開始されました。
 今回のファンド運用期間は5年とコットンヌーボーを20年続けるという池内社長の意思により近づいたファンドとなっています。

 具体的に前回ファンドと「風で織るタオルファンド2012」がどのように異なるのか、投資の視点で比較したいと思います。

風で織るタオルファンドと、風で織るタオルファンド2012の組成条件比較(概略)
ファンド名称風で織るタオルファンド風で織るタオルファンド2012
出資募集最大総額5,500,000円(110口)17,800,000円(356口)
申込単位(1口あたり)50,000円50,000円
会計期間1年間5年間
資金使途オーガニックコットン(原材料)オーガニックコットン(原材料)1年分
および織機
分配率(損益分岐点前)90.0%12.25%
分配率(損益分岐点後)2.5%1.3%
分配制限無し当初3年間有り
投資家特典有り(スポーツタオル、優待販売など)有り(コットンヌーボータオル等)
※詳細条件をミュージックセキュリティーズ株式会社HPで必ずご確認ください

棚卸資産投資型から固定資産投資型へ

風で織るタオルファンド2012の最も大きな特徴は、会計期間を1年から5年と長期化させることに伴い、投資対象も原材料(オーガニックコットン)に加えて、織機まで拡大したことにある。
 ファンド内で同一資金を同一目的に回転使用することが出来ないというファンド組成上の制約があると伺っている。通常の事業における資金サイクル(仕入→製造→販売→回収)の繰り返しを通じて事業拡大を図っていく。しかしながら、ファンドで調達した資金で原材料を購入した場合は1回転すればファンド終了となっていた。(「風で織るタオルファンド」の場合)
 そこで、投資対象に減価償却を通じて投下資金回収を行う固定資産を加えることで、ファンドの会計期間が拡大した模様だ。逆に、事業拡大に応じた資金需要増大を見越して当初3年間に分配制限が付されたり、分配率が減少したりするなど、5年間お付き合いする心構えも必要なファンドとなっている。

 このような個別の事業に対する直接投資機会はあまり多くないのが実情、池内タオルそしてミュージックセキュリティーズ社による面白い取り組みとあまはらは考えています。
 風で織るタオルファンド2012の投資家特典は前回と異なり、コットンヌーボータオルそのものになるのもちょっとしたうれしい変更ですね。
 あまはらは、前回同様、風で織るタオルファンド2012についても、出来る範囲で参加することにしています。

==>2011/12/13風で織るタオルファンドは早々に募集完了になりました。記事題名を変更しています



ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

セキュリテ
スポンサーサイト

「風で織るタオルファンド」に出資しました

 ミュージックセキュリティーズ社を通じて、「風で織るタオルファンド」の名のファンドが2010年11月30日から募集開始されていますので、出資いたしました。
 
 当ファンドの営業者は池内タオルさんで、「風で織るタオル」のキャッチコピーにオーガニックタオル等を製造・販売しています。今回のファンドは、タンザニアのオーガニックコットンを原料に、タオルを製造・販売した収益を分配する匿名組合契約です。
 詳細は、池内タオルHPの風で織るタオルファンドを是非ご覧下さい。

 年毎、産地毎のオーガニックコットンの品質自体に個性が生じることを逆手に、個別のファンドとして組成するという考え方に面白いですね。当然ながら、利益の額にも毎年、ある程度の個性が生まれるでしょう。
 現時点では、募集開始から半月を経過していますが既に40%程の申込があるようですので、予定金額全額の募集もあるかもしれません。最も、合計で110口(1口5万円)の小規模ファンドということもあります。

 ミュージックセキュリティーズ社にて取扱う匿名組合契約の中では、会社名の由来の通り、個別アーティストの楽曲プロモーションに出資する音楽ファンドが良く知られていましたが、純米酒、米、豚、ワリバシなどの商材の作成を通じて、地域社会の中で自然環境との共生、および循環型農業、林業構築への出資などが比較的容易に行えるプラットフォームは貴重な存在の一つでしょう。

 いずれの匿名組合契約も小規模であり、かつ少額出資が可能であることから営業者がどのような活動により収益を獲得し、そして利益を生みだすに至るのか(至らないのか)興味がもてるのも大企業への株式投資では決して味わえない醍醐味の一つでしょう。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 



セキュリテ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。