月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結い2101は安定的な資産増加段階へ

 鎌倉投信が運用する投資信託「結い2101」は今年3月で設定2周年を迎えようとしている。
3つのわ(和・輪・話)を志に、100年、300年、1000年と年輪を刻むことを目標とする中での運用だが、ファンド基準価額の安定性については、株式に投資するファンドの中では群を抜いているという印象だ。
 そんな、結い2101の2011年末現在の状況を振り返ってみたい。

ファンド純資産残高が10億円突破

結い2101は昨年2011年12月中旬に設定以来始めて純資産残高10億円突破を達成し、2101の顧客数も2011年9月ごろから急激に増加している。
結い2101純資産残高・顧客数_201112
 特に2011年9月以降の純資産残高、顧客増加が顕著となっているが、8月にテレビ東京系列の番組「ガイアの夜明け」で特集されたことが大であろう。
 巷に出回る投資信託とは異なったファンドが存在していることをTV等で知り、投資態度に共感した普通の人を惹き付け、投資家として招き入れていたようであり、TVという媒体の広告力を本当に実感できるものだ。
 結い2101も月間の純資産残高増加も1億円規模に成長したため、今後純資産残高が10億円を割りこむ状況は相場状況が恐慌レベルとならない限り想定し難い。

 その背景には、安定的に資金提供を続ける定期定額積立の顧客がいる。
[結い2101は安定的な資産増加段階へ]の続きを読む
スポンサーサイト

結い2101銘柄を全部保有する

ずいぶんとご無沙汰致しました。という挨拶が続いています

関西から東京に居を移して半年、現在進行形で怒涛のような忙しさに巻き込まれています。

 4月の引っ越し時は、東日本大震災に伴う停電、原発災害に喧騒としていましたが、夏の電力不足も乗り切った今、表面的には社会に落ち着きが見られます。実態はどうなのかは真実が公表されないため、わかりません・・。
 
 一方、世界経済面ではとても落ち着いているとはいえず、専らユーロ信用不安一色となり、「日本化(japanization)」とも揶揄されています。
 当局は何とか破たんを避けようと努力しているようですが、「何かを生贄として捧げる」ことで他の人が助かる解決の糸口が見えることは、2003年の日本の体験が既に教えてくれています。

 中途半端な救済策が出ている間は、相場は軟調傾向が続くとみています。人類共通に持ち合わせる性ともいえるかもしれませんね。

 そのような状況下、あまはらの資産運用ポートフォリオは相場の大波には巻き込まれず、逆に金相場の暴騰にも参加できずに、独自路線でまったりとした運用を続けました。

まだら模様の投資生活株式ポートフォリオ(2011年9月)

大きなトピックとしては、
  • 結い2101が投資する個別銘柄を全部保有
  • 東京電力特需により、プラスの運用成果

  • ミュージックセキュリティーズ社の匿名組合投資の増加
  • セゾンバンガードGBFをはじめ、直販投信の積立ては断固継続


 中でも、比較対象とした2011年3月末は東日本大震災直後であり現預金を多く持っていたのですが、直近では通常状態に戻しています。その現預金で購入したのが鎌倉投信が運用する「結い2101」投資銘柄であり、10月5日時点で公表されている全31銘柄を保有しています。
 長期でバイアンドホールドするためには、割安以外に「保有することの意義」を認識することが必要ですが、日本の一住民として「結い2101」投資銘柄に愛着が湧いてきています。

 そのため、投資信託による間接保有よりも直接保有が圧倒的となりました。今後10年、20年の単位で徐々にアンバランスが解消に向かうという壮大な計画であり、投資信託:株式=1:1になった時、あまはらのポートフォリオには、相応の資産形成がなされているはずです。

 その他、直販投信への積立ても、一部撤退した銘柄もありますが、運用資産のコア基盤形成を期待して、継続しました。目先は円高、株安でインデックス、アクティブ、ファンドオブファンズいずれも軟調ですが、長い目線で気にせず続けます!!





ひふみ投信


結い2101運用状況説明会に参加しました

 10月3日に大阪で開催された鎌倉投信による「結い2101運用状況説明会」に、参加しました。
 「結い2101」に関する運用報告といえば、「結い2101」の第1期決算直後となる7月に「第1回受益者総会」を開いたばかりでしたので、2ヶ月少しという報告インターバルの短さに正直、驚きを覚えました。
 
 「結い2101」は2010年3月29日の運用開始後、まだ半年のポートフォリオ構築中の状態であることから、ファンド投資家への時機を得た状況開示、今後の運用方針の説明は、運用者と投資者が一体となる上で、好ましい姿に思えます。

 さて、運用状況説明会の場では、直近の投資比率や具体的な投資銘柄の大半が開示されたのですが、今週末にも予定される「結いだより」発行までは非公開で、いうことでした・・・が、

 タイミングが良いことに、本日2010年10月4日付の有価証券届出書にて、2010年8月末現在の投資全銘柄が公開されましたので、7月の受益者総会以降の新規投資銘柄を公開いたします。
(7月の受益者総会時の投資銘柄は、鎌倉投信「結い2101」第1回受益者総会に参加しましたご参照)

結い2101追加投資銘柄(2010/7/21~2010/8/31)
銘柄上場市場事業概要投資株数(2010/8末)
KOA(6999)東証1部、名証1部長野県伊那谷に本拠をおく、電子部品の製造・販売会社11,000
小林製薬(4967)東証1部、大証1部あったらいいなをカタチにするをキャッチフレーズに、異色の医療・日用品、医療機器の製造・販売会社500
エフピコ(7947)大証1部、東証1部広島県福山の、食品トレー容器の製造・販売200

 今回紹介した3銘柄は、いずれも東証1部上場企業でした。ファンド資産残高が少ない間は、換金性も鑑みた上で、東証1部銘柄への投資も行うとのことでしたが、現金保有比率が高い現状ではまだまだ心配には及ばないでしょう。

 また、2010年8月末時点の小林製薬、エフピコの保有銘柄数が各々、500株、200株から、結い2101における1ショットの注文規模を伺い知ることができます。仮に上記株数が1ショットの注文であったとしても、購入金額は各々180万円、90万円に過ぎず、一般の個人投資家でも十分に発注可能な数量に過ぎません。

 逆にいうと、一般の個人投資家が個別株式を注文する時の注文規模は保有資産に比べると極めて大きく、価格リスクをとりすぎの嫌いがある懸念が浮かびます。結い2101の純資産残高は約4億もあるのに、1注文の規模はせいぜい、100~200万円に過ぎないのです。

 特に中小型株投資の場合、安定的な運用を行うには、一注文の注文金額は最大でも純資産残高の0.5%程度に留めるべきというのが、鎌倉投信運用者が教えてくれた教訓の一つかもしれません。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

鎌倉投信「結い2101」第1回受益者総会に参加しました

 昨日、2010年7月24日に鎌倉駅前で開催されました「結い2101」第1回受益者総会に0泊3日で参加してきました。
 
 梅雨も明けて、日本全国は猛暑真っ盛りですが、鎌倉駅近辺も、鶴岡八幡宮を代表とする観光スポットに足を向ける観光客で大賑わいでした。活気のある駅前風景もここ鎌倉駅では現役ですね。

 「結い2101」の決算日も、受益者総会の開催を目線において、運用開始日(2010年3月29日)からすると中途半端な時期に設定したのかもしれません。関係者にヒアリングは出来ていませんので・・あくまで推測ですが。。
 
 さて、今回の受益者総会は、「いい会社をふやしましょう」をキャッチコピーに今までの投資信託にない、独自の運用哲学を持つ「結い2101」が投資対象に選定した「いい会社」のお披露目式でもあったのです!!

 受益者総会冒頭の「結い2101」運用報告において、ファンド運用責任者の新井氏から、決算日(2010年7月20日)現在で、3つの運用視点「人、共生、巧」に基づいて12の上場企業に投資しているとのことでした。(組入れ比率約31%)
 また、未上場企業については、投資準備中との含みを持ったご発言がありましたので、今期(第2期)からは投資対象に組入れされると思われます。

 この「結い2101」の投資銘柄ですが、現時点では受益者のみの公開ということですので、当ブログでは差し控えますが、結い2101最初の組入銘柄「未来工業」については、未来工業の瀧川社長がパネルディスカッションにもご登場されていますので、パンフレットで公表扱いとしていいでしょう。

(追記)7月28日(火)のテレビ東京のニュースモーニングサテライトの新潮流のコーナー鎌倉投信のユニーク総会の中で、投資全銘柄が公表されましたので、当ブログでも紹介いたします。

結い2101投資銘柄(2010/7/20現在)
テーマ銘柄上場市場
未来工業(7931)名証2部
ツムラ(4540)東証1部
ウェザーニューズ(4825)東証1部
ヤマトホールディングス(9064)東証1部
共生アミタホールディングス(2195)ヘラクレス
らでぃっしゅぼーや(3146)ジャスダック
亀田製菓(2220)東証2部
エーワン精密(6156)ジャスダック
ユーシン精機(6482)東証1部
ナカニシ(7716)ジャスダック
第一稀元素工業(4082)東証2部
マニー(7730)ジャスダック

 いずれも、投資家の立場以上に、投資企業の具体的な企業活動を礎に、よき社会の形成に寄与したいという明確な意思、かつ長期的視点を持ってなければ、持ち続けられない「いい企業」群です。

 実は、あまはら、過去に12銘柄の内、10銘柄(ツムラ、ユーシン精機以外)に投資経験がありま!! しかし、現在は1銘柄も保有していません。(内、2銘柄は2010年6月に売却・・)。
「結い2101」の投資銘柄は、株式市場での流動性が極めて乏しく売買がほとんど出来ない銘柄もあり、個人投資家が個別に保有するには躊躇しがちです。上場企業投資といえども「結い2101」を通じた投資も、一定の役割を担えるでしょう。

 それはさておき、個人的には第二部のパネルディスカッションに、竹川美奈子氏が受益者の立場としてご登壇されていましたことに少々驚き!!
 竹川美奈子氏はご存知の通り、ベストセラー投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方を出され、どちらかというと世界分散インデックス投資を主にされているとの認識がありましたが、住んでいる日本への投資意欲も高く、「結い2101」の受益者になられているとのことでした。
 果たして、どの程度投資しているかまではおっしゃられませんでしたが、どうなのでしょうか? ちょっと興味があります。
 
 あまはらは、国内投資が80%、国際分散投資は10~20%と、日本の社会を構成する企業に資本提供を重きをおき、国際分散投資は手間かけずのリスク分散投資としていますが、色々な想いの混ざり合いがあっても良いかとも思います。

 パネルディスカッション後に、投資家の立場をして、「よい企業」を増やすアプローチについて質問させて頂きましたが、鎌倉投信としても、「よい企業をふやしましょう」実現に向けて一投資家の立場におさまらない活動方針が伺え、今後に一層の期待が膨らみました。
 
 総会開催時間が約8時間と長くはなりましたが、意思を持った投資家の集う場所の一つとして、結い2101受益者総会が発展することを願ってやみません。

ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。