月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネックス資産設計ファンドが資産配分比率見直し

 マネックス証券が販売する国際バランスファンドである「マネックス資産設計ファンド」の資産配分比率は年1回見直されることになっているが、5月15日に設定後2回目となる資産配分見直し状況が発表されている。詳細は、マネックス証券発表第2回「マネックス資産設計ファンド」基本資産配分比率の見直しをご参照
 肝腎の資産配分比率の変遷は以下の通りとなりました。

マネックス資産設計ファンドの資産配分比率推移
基本資産配分比率
設定当初2008年4月~2009年4月~
日本株式211720
外国株式15149
日本債券222330
外国債券202529
日本リート15136
外国リート786

 資産配分比率変更の特徴をまとめてみました。

【債券投資比率の増加と、リート投資比率の減少】


 マネックス資産設計ファンドの設定後、債券投資比率は一貫して増加する一方、リート投資比率は減少を続けています。特に債券投資比率に関しては、今回の見直しで10%超も増加する状態となっています。
 資産配分比率は、イボットソンアソシエイツ社の助言を受けて、期待収益率、標準偏差、相関係数を推計し、代表的な証券投資理論である平均分散アプローチにより効率的フロンティアを描き、一定のリスク水準(標準偏差8%程度)で決められているとのことですので、実績値から現状のポートフォリオリスクがはるかに高すぎると判明したため、投資対象資産の中で最もリスクが低い債券投資比率が上昇したと推測しています。
 また、リート投資についても比率が引き下げられていますが、この件に関しては、株式資産とリート資産の相関係数の高さが理由の一つとして挙げられていますが、市場規模の大きさを資産残高で単純比較すると、債券>>株式>>リートの順であり、そもそもリートは価格変動リスクが高い資産クラスといえます。

 リートへの配分比率引下げも、ポートフォリオのリスク低減目的の一環と言い換えることができるでしょう。
[マネックス資産設計ファンドが資産配分比率見直し]の続きを読む
スポンサーサイト

楽天証券のバランスファンド「楽天525」発売

 楽天証券も他のネット証券に続いて、資産形成型バランスファンド「楽天525」を発売し、2008年11月17日から申込みを受け付けている。(設定日は2008年12月1日)

 「楽天525」の特徴として大きく以下の3点が挙げられます。
  • 信託報酬率は各ネット証券のバランスファンド中、最安

  •  ファンド名として明示されているが、主要コストとなる信託報酬率は年0.525%と後発の利点を最大限に生かし、他ネット証券のバランスファンド(マネックス資産設計ファンド、SBI資産設計ファンド、ジョインベストグローバルバランスファンド)よりも、一層低コストに仕上げている。
  • 株式と債券に分散投資する4資産型ファンド

  •  マネックス資産設計ファンド、SBI資産設計ファンドは投資対象にREITを含む6資産型ファンドですが、楽天525はジョインベストグローバルバランスファンド同様に株式、債券を投資対象とする4資産型で構成されている。市場規模を鑑みた場合、株式市場や債券市場の大きさに比べると、REIT市場の規模が段違いに低いことを嫌った商品設計かも知れません。
  • 組入対象ファンドはアクティブ運用ファンド主体

  •  他ネット証券のバランスファンドは各資産クラス内のインデックスファンドの組合せであったが、「楽天525」の組入れファンドは外国債券クラスを除く、日本株式クラス、日本債券クラス、外国株式クラスはいずれもインデックスをベンチマークとして、ベンチマークを上回る成果を目指すアクティブファンドを組入れ対象にしている。

 さて、期待感も高まる楽天証券のバランスファンドですが、バランスファンドの商品設計の違いはどの程度あるのか、直近の騰落率で比較してみました。
[楽天証券のバランスファンド「楽天525」発売]の続きを読む

スイッチング型バランスファンドの有効活用

 資産を株式、債券、不動産、商品および預金などに分散保有することで安定性を確保することが勧められていますが、そもそもの本質は需給により決定される価格の不安定さにあると考えられます。すなわち、需要と供給のバランスが崩れた時に価格は大きく変動してしまいます。例えば、2007年8月以降継続中の株式下落局面では、価格の不安定な株式(=価値の評価が人によりまちまち)を保有量を減らすことが肝要です。
 
 各資産に対するアセットアロケーションは各投資家の置かれた前提条件の制約があるため、唯一の正解はないのですが、資産クラス全体を長期間で振り返れば、株式を保有するに適していた時期、債券を保有するに適していた時期、その他資産で保有すべきであった時期などと区分することができ、当該時期にアセットアロケーションを適切に変更していれば、莫大な利益を享受できているのです。
 
 この例をスイッチング型バランスファンドの1本である野村アセットマネジメント投信のマイストーリーを題材に見てみることにします。一般的にスイッチング型バランスファンドとは、複数のアセットアロケーション比率が異なるファンドが存在し、互いのファンドを無手数料(但し、税金、信託財産留保額は徴収されることも有る)で乗換可能なファンドのことであり、アセットアロケーションの変更が容易に行なえることが特徴です。

 まず、マイストーリーは世界の株式、債券を投資対象としており、株式や債券への資産配分比率が異なる5タイプのファンドから構成されています。
  • マイストーリー・株25 (株式25:債券75)
  • マイストーリー・株50 (株式50:債券50)
  • マイストーリー・株75 (株式75:債券25)
  • マイストーリー・株100 (株式100:債券0)
  • マイストーリー・日本株100
最後の日本株100については、株式投資比率100%という点ではマイストーリー・株100と同一ですので、今回の比較からは除外することにします。
 さて、過去1年間の基準価額騰落状況はどのようになっているのでしょうか?
[スイッチング型バランスファンドの有効活用]の続きを読む

バランスファンドはジョインベスト投資生活が一歩リード

 2008年4月に入ってから、株安ムードが漂っていた2008年3月までとはうって変わり、力強いとはいえない中でも、株価は見直し基調を順調に辿っています。
 日経平均では、は3月17日の11,787円51銭(終値ベース)を底値として、今週5月19日には14,269円61銭まで21%も戻しているのです。
 そのような中、お手軽に分散投資が行なえるネット証券のバランスファンドの値動きはどのようになっているでしょうか?
 ちなみに株価の底値が近かった3月27日の記事「バランス型ファンドの銘柄選択基準」では、比較対象とした4バランスファンドの直近3ヶ月騰落率に大きな差がありませんでした。
 今回も、セゾンバンガードグローバルバランスファンド(96311073)マネックス資産設計ファンド<育成型>(47312071)住信SBI資産設計オープン(資産成長型)(スゴ6)(64311081)ジョインベストグローバルバランスファンド(81311083)の4ファンドを比較することにします。
[バランスファンドはジョインベスト投資生活が一歩リード]の続きを読む

バランス型ファンドの銘柄選択基準

 2007年から2008年にかけて、次々と国内外の株式、債券、不動産に分散投資するバランスファンドがネット証券、直販投信会社から次々と設定され、ファンドを渡り歩いた方も多いのではないでしょうか?
 果たして、各バランスファンドの選択如何がどのように投資成績に反映しているのでしょうか調べてみました。調査対象としたバランスファンドは以下の4本です。

ネット証券、直販投信会社販売の国債分散投資バランスファンド
ファンド名販売元投資割合
日本
株式
外国
株式
日本
債券
外国
債券
日本
REIT
外国
REIT
セゾンバンガード
グローバルバランスファンド
(96311073)
セゾン投信5%45%9%41%--
マネックス資産設計
ファンド<育成型>
(47312071)
マネックス証券21%15%22%20%15%7%
住信SBI資産設計オープン
(資産成長型)(スゴ6)
(64311081)
イートレード証券20%20%20%20%10%10%
ジョインベスト・
グローバルバランスファンド
(81311083)
ジョインベスト証券33%33%-33%--

 さて、これら4ファンドは大きく株式と債券に投資するファンドと株式、債券のほかに不動産(REIT)に投資するファンドに分かれますが、株式、債券に投資するファンドはグローバルバランスファンドと国際分散投資を前面に打ち出す名称である一方、株式、債券および不動産に投資するファンドは資産設計とアセットアロケーションを意識した名称ではっきりと区分けされるのは面白い現象ですね。
 さて、バランスファンドの銘柄選択は投資成績にどのような影響を与えているでしょうか?
 まずは直近3ヶ月の成績は・・・
[バランス型ファンドの銘柄選択基準]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。