月次積立投資で資産形成し、投資家の立場から社会貢献を目指しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産形成の道は積立投資に有り

お久しぶりです。あまはらです。

アベノミクスバブルの間、更新をお休みしていました。

日本株式を保有し続けた人も外国株式を保有し続けた人も大きく恩恵を受けているでしょう。

逆に恩恵を受けられなかったのは、相場下落の間に投資額を積み増せなかった人、または相場上昇初期に投資額を積み増せなかった人、あるいはそもそも投資に興味が無く現預金中心で運用している人ですね。

長く続いたデフレの間に現預金運用者が相対的に稼いだマージンもこのアベノミクスによる株価上昇で、一気に吹き飛んでいます。
 
投資方法を間違わなければ、株式投資は中長期的な資産形成の最も近道と実感する想いが日々強く強く強くなっていますので、久しぶりに出稿してお伝えしたいのです。

中長期で株式投資を実践するための大きな障害は、実態の企業成長速度とシンクロしない著しい株価の変化です。

短期の株式投資では利益源となる短期的な株価変動は、中長期投資の立場からは有益とはいえません。

投資対象の価格変動を中長期的に回避する有効な手段は、資産の買い付けを時間的に分散して買付単価をなるべく平均に近づけることです。

平均に近づけるだけで大きな失敗は避けられます。短期的な価格変動による影響を回避できることは中長期投資を続ける上で最重要です。

そして、資産の買付けの時間分散を継続的に実践する上で特にお勧めなのが、月次レベルでの定期定額買付けです。

あまはらはアベノミクスの余剰分も新たな定期積立に回し、現在10種類の投資信託等の金融商品を月次定期定額買付けを続けています。

まずは1種類の積立から始めてみては如何でしょうか?
 
最初の1本の選定として絶対的な条件はただ一つ。

「容易に解約できる商品であること」その点、投資信託は解約の制約が少なく、お勧めです。

後はフィーリングが合うと感じた投資信託を選んでください。途中で合わないと思ったら替えればよいのです。

決して、満期20~30年の、積立保険とか海外ファンド積立とかを、選んではダメです。身動きがとれなくなります。
スポンサーサイト

最近の投資環境

半年以上ぶりとなってしまいましたが、あまはらは決して投資に失敗した訳ではなく、元気に投資生活を営み続けています!!

 半年の間の出来事ですが、欧州危機という病に対する根治療法は行われず、まだ只管に時の経過による治癒を期待し続けています。日本の一時代を担った大企業は、継続し続ける国内需要減少の中、高コスト体質を抱えたままで新興国との熾烈な競争環境、ならびにもはや意図的ともいえる円高政策の継続により、弱る一方です。
 
 何も状況は変わっていないという認識です。

 欧州危機はギリシャ等の一部の国を何らかの形で見捨てない限り、劇的な回復はありえません。もちろん、当該国からは激しい抵抗にあいますので、穏便にすむこともありません。日本国内の一部企業の切り捨てで終わりを見せた日本のバブル崩壊とは、国家対国家という観点が絡むため、話し合いによる単純な解決は難しいのです。

 古今東西で、このような難題を最終的な解決先は、一つは併合であり、あるいは戦争です。泥沼化した状況が欧州全域に広がり、キナ臭さが漂ってくると投資どころではなるかる可能性を秘めています。

 また、従業員第一主義という最も洗練された社会主義的企業として発達してきた日本の大企業の多くは、需要減少の中を資本主義的に生き抜く力を持っていません。日本の大企業を買い持ちすることは、今後長期間にわたり、無駄なリスクを抱えるだけであり、絶対に避けるべきポジションと断言できます。株主を尊重しない企業で、成長もしない企業に株式投資すること程、馬鹿げたことはありません。

 そのような中、あまはらの投資ポートフォリオに大きな変化はありません。年初から40%超の利益率まで達しています。
2012年10月ポートフォリオ
2012年10月運用成績

日本株式は、相変わらず特定の中小型銘柄のみのままです。
半年前からの変化としては、MonoTARO(3064)が割高になったため、単なる保有銘柄に格下げし、逆にエスクリ(2196)、FPG(7148)などを新規に投資いたしました。NDソフトウエア、アニコムは、鎌倉投信さんが運用する「結い2101」とのご縁で始まっています。
    主力投資銘柄
  • ユー・エス・エス(4732)
  • パーク24(4666)
  • プロトコーポレーション(4298)
  • NDソフトウエア(3794)
  • アニコム(8715)
  • GMOインターネット(9449)
  • GMOペイメントゲートウエイ(3769)
  • カカクコム(2371)
  • 一休(2450)
  • リーガル(7938)
  • フージャース(8907)
  • エスクリ(2196)
  • FPG(7148)

 積立投資は、今年に入ってバリエーションを増やして、三菱商事で純金積立も開始しました。始めた早々に田中貴金属工業に事業継承・・・との話しに至りましたが、運用には影響なしですので、継続の一手ですね。一方、クローバーアセットマネジメントの3ファンドは全て解約し、口座を閉鎖しました。
    月次積立投資
  • セゾンバンガードGBF
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • ひふみ投信
  • 結い2101
  • ハンサード
  • 純金積立
  • IFA(財コンサルティング)経由積立

 最近は、ミュージックセキュリティーズ社が運営するマイクロ投資も増やしています。利益という面では覚束ないものですが、上場株式への投資では得られない直接に資金供給という投資の本質を、少額投資で体験できるため、今後も他社組成も含め投資案件を増やす予定です!!

上昇相場に乗れない直販アクティブ投信

 2012年の1月から3月の3ヶ月は、年初から継続的に株高・円安傾向が続き、TOPIXは年初から2割近く上昇、ドル円相場も7.5%上昇となりました。
 日本の投資家にとっては、日本/外国、あるいは株式/債券いずれの資産クラスに投資していても、評価額が上昇しているはずですが、特に日本株式に投資する投資家にとっては気分の良い四半期となったのではないでしょうか?

 直販投信に積立投資を行っている投資家としては、直販投信アクティブファンドも日本株式を投資対象としていることから良好な成績を期待したいところですが、結果は以下の通りとなりました。

直販アクティブファンド2012年1-3月基準価額騰落推移

インデックスを上回ることは出来ず

TOPIXの3カ月騰落率17.26%を上回る成績を残したのは「さかわみファンド」1本のみでした。
 但し、TOPIXは配当無であるのに対し、さわかみファンドは配当込の価格で嵩上げされています。(さわかみファンドの3月末決算配当落ち日の基準価額を考える参照)
従って、実質的には全ファンド、インデックスをアンダーパフォームする残念な結果と言えます。

株式運用部分では相応の成績を残した「結い2101」

 現金運用部分を持ったファンドは、上昇相場においてはインデックスについていくことがより困難となります。
 直販アクティブファンドの中で現金運用比率が高い結い2101は、大きくTOPIXを下回りましたが、1月~3月の現金運用比率が35%前後のため、株式運用部分のみで評価すると、TOPIX(17.26%×65%=11.2%)相当の成績でした。
 結い2101には、長期的に保有し続けることができる投資先の深掘を期待したいところですので、株価面でもTOPIX相当になれば、質的にも価格的にも満足できる成績と評価しています。

現金比率の変更ではカバーできなかった「ひふみ投信」

 直販アクティブファンドの中では、現金保有比率を変更する方針を持つ「ひふみ投信」ですが、1月末、2月末と90%超の株式比率を保った(月中に、どうなっているかは不明ですが・・)にも関わらず、大きくTOPIXに負けたファンドとなりました。投資対象が中小型株中心のため、1月~3月の全員参加型上昇相場の波に乗り切れなかった面がありそうです。

 個人的には積立投資中の、結い2101、ひふみ投信はそれぞれTOPIXを大幅にアンダーウエイトする結果となりましたが、まだら模様の投資生活ポートフォリオ全体は、全体の75%を占める個別株式の運用でカバーし、3カ月でプラス25%を超えて来ました。相場過熱の兆候も見えてきていますので、来る下落相場に備え、4月以降は徐々に個別株式ポジションを減少させる予定です。


ブログランキングへのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ



ひふみ投信

結い2101は安定的な資産増加段階へ

 鎌倉投信が運用する投資信託「結い2101」は今年3月で設定2周年を迎えようとしている。
3つのわ(和・輪・話)を志に、100年、300年、1000年と年輪を刻むことを目標とする中での運用だが、ファンド基準価額の安定性については、株式に投資するファンドの中では群を抜いているという印象だ。
 そんな、結い2101の2011年末現在の状況を振り返ってみたい。

ファンド純資産残高が10億円突破

結い2101は昨年2011年12月中旬に設定以来始めて純資産残高10億円突破を達成し、2101の顧客数も2011年9月ごろから急激に増加している。
結い2101純資産残高・顧客数_201112
 特に2011年9月以降の純資産残高、顧客増加が顕著となっているが、8月にテレビ東京系列の番組「ガイアの夜明け」で特集されたことが大であろう。
 巷に出回る投資信託とは異なったファンドが存在していることをTV等で知り、投資態度に共感した普通の人を惹き付け、投資家として招き入れていたようであり、TVという媒体の広告力を本当に実感できるものだ。
 結い2101も月間の純資産残高増加も1億円規模に成長したため、今後純資産残高が10億円を割りこむ状況は相場状況が恐慌レベルとならない限り想定し難い。

 その背景には、安定的に資金提供を続ける定期定額積立の顧客がいる。
[結い2101は安定的な資産増加段階へ]の続きを読む

2011年の投資を振り返る(byまだら模様の投資生活)

2011年も早くも終わりを迎えましたね。お疲れ様でございました。

 今年は、東日本大震災、原発事故と大きな災害が日本を襲いました。その中で目立ち、賞賛されたのは、日本の普通の人々がけんめい(懸命、賢明)に生き続ける姿といえます。
 被災住民達の災害当初の秩序だった行動や、その後の復興に向けた気持ちの転換の早さと力強さは日本人が日本という島国の自然環境での、生活の中で培ってきた最も典型的な個性といえます。
 世界から賞賛されるこのような日本人の立ち振る舞いは、ムラ社会を大事に、個人を犠牲にし、組織を護るという日本型社会主義の上に成立してきているのでしょう。
 このような日本社会で、昔もいまも最も嫌われているのが、事業資金を出している投資家や銀行であります。

 今年も日本では、株式としてあるいは貸金として事業出資する投資家の立場を蔑ろにする事例が頻発しました。東京電力しかり、オリンパスしかり、公務員しかり、事故や不祥事として発覚した組織を掘り下げてみると、そこには内部者を過度に優遇していたことがほとんど全ての場合で明らかになっています。

 このような優遇は、ムラ社会的な日本企業という土壌の中で、あまねく日本の大企業が汚染されていると見做して間違いないでしょう。たまたま、事故・不祥事として発覚したので明らかになっただけなのです。

 このような日本の企業群に出資する愚かな行為は労多くして成果はほとんどない・・・残念ながら今後も続く真実なのです。

 あまはらにとって、2011年は日本企業へ投資家として関わることの制約を強く認識させられ、そして投資方針を大きく転換する助けを得た年となったのです。

 運用ポートフォリオも認識や、割安感に基づいて変更を加えています。
[2011年の投資を振り返る(byまだら模様の投資生活)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。